水位を測定することは現代の生活に於いて非常に重要な要素となっています。河川が多く高低差の激しい日本の国土に於いては雨のために河川の水位が急激に上昇することも多く、その水位を予め知ることで避難などの適切な対応を行うことが要求されるためです。水位の測定については古くからさまざまな方法が検討されています。水の中に直接測定器を挿入し測定する方法が最も確実で簡単な方法ですが、地形や状況によっては河川などに近寄れない場合も多いため、さまざまな方法が検討され実用化されています。しかし、推移を測定する水位計は測定方法や使用される技術によってその費用が大きく異なる為、販売される価格も大きく異なります。基本的には価格が安い方が利用しやすい物ですが、高額な物でも環境に対する適合性や使いやすさ、そして耐久性などを考慮した上で最適なものを選ぶことが重要になります。

水位計の価格が決まる要素について

一般的にものの価格を決める要素は使用される技術と利便性、そして製造される数量です。特に数量については数多く利用されるほど大量に生産されるため、その価格が安くなる傾向があります。最も価格が安いのが直接水の中にメジャーを挿入して測定するものですが、測定する人が河川などに近寄り目視で測定をしなければならないため利用出来る環境が限られること、また人が近寄るための移動費用などの異なった費用が発生することもあり近年ではあまり利用されなくなっています。最近ではこれに代わり水圧で推移を測定し無線でデータを送信したり、超音波で推移を測定するといった方法が開発され利用されることも多くなっています。これらの水位計は価格が高額ですが測定データを人が現場にいて確認する手間が無いため総合的な費用が削減できるため広く利用されています。

状況に応じて使い分けることが大切です

水位計の価格はその方式により大きく異なる物です。最近では水面上から水位観測する電波式のものや超音波式のものも開発され、河川の状態や天候に影響されずに測定できるものも増えています。これらは特殊な技術が利用されているほか高い精度が必要となる為価格も高額になりますが、河川が増水し氾濫の危険が有る場合などでも一定の範囲で水位を測定することが出来るため広く使用されているものです。最近では様々な情報を組み合わせて自然環境の変化を予測し的確な情報を伝えることが非常に重要になっています。その為水位を正確に測定する事は非常に重要ですが、併せて測定の理由によっても測定方法を効果的にする必要があります。その為様々な測定方法を状況に合わせて選択し、総合的な費用でその効果を判断する必要があります。